文字サイズの変更

医師会のご案内

学校保健

学校保健は地域医療の要です。児童・生徒の心身の健康を守り、学校生活を健康的に送るための保健教育を実施しています。印旛市郡医師会でも、健康診断や学校検尿検査など、さまざまな学校保健活動に取り組んでいます。

当医師会の学校保健委員会の活動

健康診断

各地区の医師会員が、学校医として児童・生徒の毎年の健康診断および就学時の健康診断を行っています。また、教職員の健康診断結果を元に、健康相談にも応じています。

学校検尿検査

公立の小・中学校の児童・生徒を対象として、毎年学校検尿検査を行っています。印旛郡市内の教育委員会が実施主体となっていますが、当医師会も学校保健会と連携して協力しています。一次・二次検査は各市町の契約した検査機関に委託し、三次精密検診は指定病院(国立下志津病院、成田赤十字病院、日本医科大学千葉北総病院、東邦大学医療センター佐倉病院、聖隷佐倉市民病院)にて実施しています。毎年保護者や学校関係者へ三次精密検査の結果報告会を行い、所見のある児童・生徒、保護者に管理、指導の徹底を図るようにしています。

学校における結核対策

平成15年1月に学校保健法が一部改定され、小学校1年と中学校1年のツベルクリン反応、BCG再接種が廃止されました。このため、問診表に記載された本人の症状や、家族の結核の既往歴などの正確な情報、BCG接種状況の把握が初期チェックの重要な資料となります。

また、結核に関する健康相談や知識の普及など、学校、教育委員会、保健所、学校医、家族が連携して予防対策を進めることが大切と考えています。

生活習慣病の予防対策

児童・生徒の肥満や高脂血症は、成人期の生活習慣病の発生リスクを高める要因になるものであり、適確な栄養指導、生活指導、運動指導などの対策が必要です。当医師会では、学校や家庭、地域との連携をとりながら、講演会や勉強会、個別指導などの対策計画を実施している地区があります。しかし、不十分な地区もあり、具体的な計画と実施が課題となっています。

学校におけるスポーツ外傷救急システム

体育の授業や部活動などをしているときにけがをした場合、かかりつけ医の休診や昼休みなど、医療機関の時間外の場合には、対応が困難になる可能性があります。当医師会では、月曜日から土曜日まで、昼休みでも対応できる、外科・整形外科などの医療機関、スポーツドクターのリストを作成し、学校におけるスポーツ外傷の救急処置に備えるシステムを構築しています。

児童・生徒の学校保健の新たな課題

学校保健の新たな課題として、児童・生徒のストレスの増大や不登校、いじめ、虐待、性の逸脱行動、性感染症、アレルギー疾患、薬物使用、スポーツ障害などが挙げられています。これらの諸問題に対しては、学校の保健担当者だけでなく、学校を取り巻く地域社会全体が連携し、一体となって取り組まなくてはなりません。これらの状況を踏まえ、従来の学校医に加えて精神科や産婦人科、皮膚科、整形外科の専門医が、学校の要請に応えて、相談医として機能できるようなシステムが動き始めています。

  • 医師会の概要
  • 沿革
  • ロゴマークの紹介
  • 生涯教育・学術活動
  • 介護保険
  • 学校保健
  • 在宅医療
  • 三郡医師会航空機対策
  • 医療機関のご案内
  • 感染症情報
  • 市民公開講座のお知らせ
休日・夜間診療案内モバイル版
  • プライバシーポリシー
  • リンク
  • サイトマップ
ページトップ