文字サイズの変更

休日・夜間診療案内

休日・夜間の急な病気やけがに対応します

印旛市郡医師会では、地域の医療機関や印旛郡市の市町の協力を得て、休日・夜間の急な病気やけがに対応できる救急医療体制を確立しています。一次救急診療機関として佐倉市・成田市・四街道市に急病診療所が開設されているほか、佐倉市周辺では在宅当番医制を導入しています。

一次(初期)救急診療について

一次救急は、かぜや捻挫などの軽症患者の診療を行います。一般診療や検査・処方・診断書などの希望で受診された場合、十分な対応はできません。ご了承ください。
来院前には、必ず受診予定の医療機関へお電話ください。患者の症状や医療機関の状況によっては、別の医療機関を紹介したり、直接二次救急病院へ搬送することもあります。
また、急病診療所は「急を要する患者」の救急一次診療です。お薬の処方は原則1日分のみです。翌日には、必ずかかりつけ医またはお近くの医療機関で診察を受けてください。

小児急病診療

佐倉市にある印旛市郡小児初期急病診療所が、印旛郡市全地域を対象に小児初期急病診療に対応しています。このほか、成田市に小児科にも対応している診療所があります。

詳細
内科系急病診療

佐倉市・成田市・四街道市の3か所に休日・夜間などの急病患者に対応する診療所を開設しているほか、佐倉市周辺の休日(昼間)診療は在宅当番医が担当します。

詳細
外科系急病診療

外科の急病患者に対応する診療所は、成田市などに設置されています。佐倉市周辺は在宅当番医制を導入しています。

詳細

印旛市郡医師会の二次救急医療体制

救急医療には、一次(初期)救急、二次救急、三次救急の3段階の医療体制があります。
印旛市郡医師会では、各地域の医療機関の協力のもと、平日・休日を問わず輪番制で二次救急医療を行っています。かかりつけ医の医師や各地域に配備されている一次救急医療機関で診療を受けた後、医師の判断で二次救急病院へ転送されますが、救急隊の判断で直接二次救急病院に搬送されることもあります。

一次救急(初期救急):かぜ、下痢、捻挫など軽症患者の治療|二次救急:入院や手術を要する重症患者の治療|三次救急:心肺停止など生死にかかわる症状を扱う
  • 小児急病診療
  • 内科系急病診療
  • 外科系急病診療
  • 医療機関のご案内
  • 感染症情報
  • 市民公開講座のお知らせ
休日・夜間診療案内モバイル版
  • プライバシーポリシー
  • リンク
  • サイトマップ
ページトップ